しっぽのきもち

2度目の入院 2日め・・・ その2

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • トラックバック(-)|
  • コメント(-)|
 

2008年02月 26日 (火)

 2度目の入院 2日め・・・ その2

2月5日(火)のお話 手術室編♪

σ(=^‥^=)は今まで
全身麻酔の手術しかやったことがないのですが
こんなに麻酔前後の記憶が明確なのは初めて♪

というわけで
ちょっと手術室でのお話を書こうと思います♪



ガタンゴトンとエレベーターの入り口の
でこぼこの振動が直接体に伝わり
いよいよ手術室へと到着 (*´ェ`*)タハァ

よくドラマなどでも見られる
手術室の重たそうな銀色の自動ドア
その上の手術中とある赤いランプが目に入ります

ひとつめの扉を開くとそこは扉と扉の間の狭い空間
病棟ナースが手術室のナースを呼んで
短い申し送りをすると、そこで病棟ナースとお別れです
またネェ~(≧◇≦)/゙゙゙゙ヾ


昨日病棟に挨拶に来られた手術室のナースが
中に押していってくださいました♪

すると、見た感じ、前回の手術室とは違う
ちょっと小さめの手術室へ運ばれました♪

そこでは、主治医が座って待っていたのでご挨拶♪
これがまた、いつもの白衣と違うので
ちょっと意外な感じがしちゃいました (*´ェ`*)タハァ
いやぁ、普段より丸く大きく見えたんですよ♪ (*^m^*)ププッ  


すぐにナースが2人近寄ってきて
病棟で手術直前に付けられた、赤ちゃんに付けるような
一回付けたら切らなくちゃ外せない名札を確認しながら
お名前は?と聞いてくるので
かぎしっぽです♪ と答えると
名札をチョッキンと切り外し
今度は頭の方から麻酔医が来てご挨拶してくださると
早速麻酔のマスクが・・・

(=①ω①= )フフフ・・・
前回、この後の記憶が無いので
これで終わるまでゆっくり眠れるわ (*^m^*) ムフッ
なんて思ってたのですが・・・

・・・・・・・
(。-д-。)ゞウーン ・・・
今回は眠れんぞぉ・・・ ( ▽|||)サー



手術室ナースが心電図などを付けるのに
胸を開いているのも解る・・・ Σ⊆・д・⊇!!!ガビ~ン!!

どうやら、新しいナースのようで
他のナースから女性の場合は眠った後でと指示されているし・・・

もう、開き直るしかないね こりゃ ε-(ーдー^=)ハァ


・・・・・・・
(。-д-。)ゞウーン ・・・
それにしても、今回はまだ眠れんのかぁ・・・ ( ▽|||)サー


すると今度は血管痛がぁ!! いたたぁ~(>_<。)ノ

σ(=^‥^=)手の動きで痛がってるのが解ったらしく
「この薬は血管痛があるんですよね・・・」と麻酔医

いや、普通の点滴でも、朝ちょっと早くしたとき痛かったですし・・・
なんて言えるわけもなく |)゚0゚(| ホェー!!

やっぱこれって、今朝の点滴で
やっちゃいけない事をやったバチだったとしか・・・ ( ▽|||)サー


でも、バチがあたっただけあったのか?
やったことは許されたようで
なんか体が重たくなってきた感じがして
いよいよ眠れるみたいです♪

あとは、先生方がんばってくださいね♪
(=`o´=)ファー... (=`ω´=)アフ...  (´_ _`)zzz・・・







*:..。o○*:..。o○゚。O。゚。O。゚。O。゚○o。..:*○o。..:*



かぎしっぽさぁん♪

(^・ω・^).....ンニュニュ? もう終わったの?
パッチリ目を開いてみると

あ、もう戻ったのね♪ と
前回の患者さんは麻酔からの目覚めに時間がかかったのか
ちょっとうれしそうなナースの声♪

周りの感覚から、σ(=^‥^=)がストレッチャーに乗ってることが解る
(・x・ ).o0○ん?? なんか、着てる感じが変・・・

どうやら、術衣は着てるわけじゃなく
上から掛けられてるだけみたいで
バスタオルで包まれてる・・・

まぁ、外から見たんじゃ解らないし
ま、いっか・・・ 

って・・・

w(゚ o ゚; )w オオー! 
術後って、いつも半分寝てて、よく覚えてないのに
今回は思いっきり解るぞ~

今のところ、背中の痛みも大したことないし♪
気になってた術後の寒気もほとんどない♪
こりゃ、いい事だらけだニャ (o^-')b グッ!


手術室ナースにもうすぐ病棟ナースがお迎えに来ますからね♪
なんて、手術室からストレッチャーを押しながら
入ったときの扉に連れて行かれると
お迎えの病棟ナースと主治医で病棟へ

(  ゚ ▽ ゚  ;)エッ!!
手術やって疲れたであろう主治医に送っていただけるとは
かなりビックリ エエェ(・ω・三・ω・)ェエエ

病棟に着くと即座にナースステーションにベッド移動と声を掛け
σ(=^‥^=)を部屋まで連れて行き
ベッド移動を手伝ってくださるとは・・・

そのビックリで痛いことも告げられなかったのですが
顔から読み取ってくださったらしく
ついてすぐに痛み止めの注射の指示

もう、ありがたいこの上ございません 。゚(つω`。)゚。テヘ
そういえば、救急入院したときもこんな感じでした・・・
とってもやさしい医師ですね (*´ェ`*)タハァ


病棟ナースもまだ日勤さんがいらっしゃる時間だったので
皆でそれぞれ、移すついでに着替えさせてくださったり
病棟の心電図のラインや自動血圧計をつけたり
指先を挟むことによって血液の酸素濃度(サチュレーション)が解る
パルスオキシメーターとかつけたり
もどってすぐのバイタルをとってくれたりと
それぞれあっという間に終わらせてくださり
両親が入ってきました♪

そ、それにしても、前回ほどじゃなくても
やっぱ寒い!! (;´ω`;)サムィィィィ
あんなに室温が高くて文句言っちゃったけど
術後はさむいですぅ (/□≦、) 
電気毛布入ってるのか本当に? ( ((-。-) ))ブルブル…

母に持ってきてある毛布を入れてくれるように頼み
電気毛布も最高に設定したのですが・・・
それでもしばらくガタガタは続きました・・・ (;´ω`;)サムィィィィ


さて、ここで手術お疲れ様でした♪
って思ってくださる方も多いと思いますが
実は手術患者にとって大変なのは
部屋に戻ってからだったりしちゃいますので
その話もまた別に書かせていただきますね♪ (つω`*)テヘ





・・・・・・・・・・
(*=゚パ)ハッ!
その時は寒気と痛みで気にしておらず
今更ながら気づいたのですが・・・

手術室で術衣が前後逆で終わって
病棟に戻ってからまともに着せてもらったということは
移動を手伝ってくださった医師の前で着せ替えられたって事で・・・

看護師数人で囲まれて着替えたわけですし
医師はそんなもの見てる間ではないことは解るつもりですが・・・
やっぱ・・・
《《o(≧◇≦)o》》イヤァァ!!!

やっぱ、半分眠って病棟に戻った方が
幸せの部分もあるようです・・・ (;´д` ) トホホ
スポンサーサイト
 

コメント

次はこういう処置して、こうなって、っていうのが
しっぽさんは全部分かってるのねぇ。
いや、すごいすごい。
麻酔って、切れたときすごく痛いんじゃないかとか、
きいてる間はホントに何も感じないのかなぁ、
とか、いろいろ疑問があったのが
全部とけちゃいました。(^^)

着替えの時は、先生はきっと後ろ向きだった、かも。(^^;
  • ジジ飼い 
  • URL 
  • 2008.02.27 13:48 
  • [編集]

ジジの飼い主しゃん~(=^‥^)/。・:*:・゚ ありがとニャ!

手術によって多少は違いがあるんでしょうけれど
見なくちゃならない基本的な部分は皆同じようです

確かに、麻酔が切れた後は痛いです
痛み止めは時間の間隔が必要なので
痛いことをされる30分くらい前に使うようにしたりと
ある程度計画性をもってやったほうが
痛いのに使えない辛さを乗り越えていけるようです

∑(〃゚ o ゚〃) ハッ!! そうか、後ろ向き♪
思いつきませんでした (つω`*)テヘ

その場には女性しかいなかった訳ですし
気を使ってくれてたでしょうね♪
  • かぎしっぽ 
  • URL 
  • 2008.02.27 16:34 
  • [編集]

うわぁ、読んでいるだけでこわいっすねぇ・・・
でも流石全身麻酔、あっというまに手術おわっちゃうんだね。
夢とか見ないのですか?
  • マイト 
  • URL 
  • 2008.03.14 00:06 
  • [編集]

マイトしゃん~(=^‥^)/。・:*:・゚ ありがとニャ!

え? こわかったですか? (つω`*)テヘ

違う病院では、手術室に入る前に
麻酔をかけるお部屋があったので
手術室の内部も見られなかったのですが
手術室のドキドキが伝わってこない分いいかもしれませんね

麻酔で夢・・・ σ(゚・゚*)ンート・・・
見てるのかもしれませんが、覚えてないです
他の子に聞いても見てないみたいなので
麻酔の場合はノンレム睡眠にされてるのでしょうかね?
  • かぎしっぽ 
  • URL 
  • 2008.03.14 06:38 
  • [編集]
コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
 

トラックバック

左サイドメニュー

 

黒ねこ時計

 

ねこじゃらし

 

最新の記事

 

たうりん

 

くる花

 

穴株SEARCH


- HARMONY Corporation. - 

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。