しっぽのきもち

昨日の・・・

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • トラックバック(-)|
  • コメント(-)|
 

2007年12月 19日 (水)

 昨日の・・・


山のほうから長くて厚い雪雲が流れてきてた部分もあったけど
雪を降らせることもなく、いいお天気だったよぉ

朝晩の冷え込みはきつくなってきたけど
昼間はカラッカゼもなく過ごしやすかったんだぁ



12月19日 誕生日の人
1977年 藤崎奈々子(タレント)
1973年 反町隆史(俳優)
1966年  YUKI(歌手・trf)
1957年 ゆうきまさみ(漫画家)

12月19日 誕生花
カスミソウ(愛らしい)  サンダーソニア(熱い視線)


昨日はこの冬一番の冷え込みになったらしいですね
これから寒さも本番になっていくのでしょうね

そんな寒さが身にしみるようになってきた今ですが
この冬流行っている湯たんぽなどで
ヤケドしないようにお気をつけ下さいませ

というσ(=^‥^=)は湯たんぽヤケド経験者だったりします (*´ェ`*)タハァ
低温ヤケドだったので、ちょっと深めでした ε(。´・ェ・`。)з

その頃は、湯たんぽについてくる袋に入れて
バスタオルで包んで毛布の上から使っていたのですが
寝相も手伝って、毛布の上だったはずの湯たんぽが下りてきてて
包んだタオルも外れてたんです (;^_^A
 
そこで、今のσ(=^‥^=)は湯たんぽをバスタオル2枚で包んで
それを袋に入れて使っています

絶対大丈夫とは言えませんが、この使い方をするようになって
直接使っていてもヤケドすることがなくなりました (o^-')b グッ!

ただ、この使い方ですと
温かさが伝わってくるまでに時間がかかるので
先に湯たんぽを布団に入れて布団を温めておくといいですよ♪

昔は使い終わった湯たんぽのお湯で顔を洗ったりしたようですが
それを昼間のコタツに入れています♪
コタツで湯たんぽが温まってくれるし
電気を切っても温かさが持続してくれるので
ネコも嬉しいようです (*´艸`*)テヘ




タツノオトシゴにクラゲのポリプ付着 国内4例目

 田辺市天神崎で、クラゲになる刺胞動物のヒドロ虫を付けたタツノオトシゴが見つかった。クラゲに詳しい京都大学瀬戸臨海実験所の久保田信准教授(55)=白浜町=によると、生きた魚類に付いたヒドロ虫が発見されるのは国内で4例目。未報告のウミサカヅキガヤ科の一種とみられている。

           白浜町臨海で
          クラゲになるヒドロ虫が付いていたタツノオトシゴ

 11月上旬、県内の定時制・通信制高校の生徒が参加した天神崎観察会で、生徒が海面付近に浮かんでいるタツノオトシゴを採集した。講師を務めていた南紀高校周参見分校の後藤岳志教諭(48)がヒドロ虫に気付き、久保田准教授のもとに持ち込んだ。

 背面の3カ所に群体が見られ、側面にも根を伸ばしていた。ヒドロ虫の長さは2~4ミリで、先端に花のような触手を広げた個体もあった。

 久保田准教授は、どの群体も生殖体を形成しておらず、未成熟の群体と推察した。

 これまで魚類に付いていたヒドロ虫は、同実験所初代所長の駒井卓さんが1932年に新種記載したヒメサカナヤドリヒドラ、既知種と同定したサカナウミヒドラ、41年に同実験所職員の宮下義信さんがニザダイから見つけた新種のサカナヤドリヒドラの3種だけ。発見個体数も極めて少ない。

 久保田准教授は「詳しく調べていないが、非常に珍しい現象である」と話している。

 ヒドロ虫 浮遊生活するクラゲになる前に、植物のように付着生活する世代(ポリプ)がある。クラゲとして海中に泳ぎ出すが、ポリプのまま生活するものもある。
              (紀伊民報 2007年12月19日)
 



カワウソ 愛の巣できた…高知・桂浜水族館

「ソラ」と“新妻”相性抜群

 高知市浦戸の桂浜水族館に16日、コツメカワウソの新しい飼育舎がお目見えした。オスのソラ(3歳)が花嫁候補のミズホ(1歳)を迎えたことから計画。約2か月かけて5日に完成し、2匹は新居を元気いっぱい走り回っている。

           高知市浦戸の桂浜水族館で
            新飼育舎でえさをもらうミズホ(左)とソラ

 同館では現在、4匹のコツメカワウソを飼育。1月にメスのスズメが病死し、ひとりぼっちだったソラに、岐阜県各務原市の「アクア・トトぎふ」から10月、お嫁さん候補としてミズホがやってきたことから、新たに飼育舎を建設することした。テン(3歳)とコウメ(5歳)のペアが住むカワウソ舎の横に新たな部屋を作り、アシカ舎の一部に仮住まいしていたソラとミズホを移すことにした。

 新飼育舎は木製で、水場や寝室、壁にはスタッフ手作りの棚が設置されている。引っ越し当初は、慣れない様子だったが、今は棚に駆け登ったり、眠ったり。ペアリングも順調で、少し憶病な性格だったソラは、ミズホを守るようなしぐさを見せるようになったという。

 飼育室スタッフの大町寿史さんは「遊び好きのカワウソだから、移動できるようにスペースを広げた。2匹の相性はすごくいい。早く2世を生んでほしい」と楽しみにしていた。
             (読売新聞 2007年12月17日)


(=゚.゚)ホ・(=゚。゚)ホーーッ!!
動物にくっついて大きくなるっていったら
コバンザメみたいなのを除けば
σ(=^‥^=)が思いつくのは冬虫夏草くらいしかないかも (*´艸`*)テヘ

しながわ水族館でクラゲとポリプが展示されていて
魚と違ってとっても地味
クラゲのまったりゆったりした動きが癒し系になるのかな?
なんて思っていたのですが
なかなか奥深い話なんですね (つω`*)テヘ

もし、クラゲになるか、ヒドロ虫のままでいるか選べるとしたら
そんな人生(水母生?)を歩めるのが
ちょっとうらやましいかも (*´ェ`*)タハァ 



コツメカワウソのソラくん、新しい奥さんと
仲良くなれそうで良かったニャ (*´∀`*)

テンくんとコウメちゃんのペアもいるみたいだから
2つのペアでたくさんの子供を見せて欲しいニャ (*^▽^*)
   桂浜水族館HPは
   






今日の訳わからん一言
  ねこじゃらし
あの実が きつかったけど 漫画かな

  ねこまんま
ニシキギと 建築すると はずすかも
スポンサーサイト
 

コメント

ゆたんぽ♪

何年か前から湯たんぽの会社が忙しくて大変だそうです。
電気入れているときに入れて、暖まった頃、電気を切ると、省エネにもなるし猫も喜ぶし、
買い物の留守番の間、猫ちゃんも寒い思いしなくっていいですね~、
我家も考えなくっちゃ♪


  • たまママ 
  • URL 
  • 2007.12.19 07:42 
  • [編集]

たまママしゃん~(=^‥^)/。・:*:・゚ ありがとニャ!

湯たんぽやネコたんぽ、今はもう手放せません (*´艸`*)テヘ

実家では練炭を使った掘り炬燵だったので
とっても暖かかったんです
灯油もこれからどんどん値上げされるでしょうし
ウチも何か考えた方がよさそうです
  • かぎしっぽ 
  • URL 
  • 2007.12.19 13:10 
  • [編集]
コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
 

トラックバック

左サイドメニュー

 

黒ねこ時計

 

ねこじゃらし

 

最新の記事

 

たうりん

 

くる花

 

穴株SEARCH


- HARMONY Corporation. - 

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。